太陽光発電

太陽光発電とは?

太陽光発電システム

太陽光発電とは、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式です。

 

ソーラー発電とも呼ばれ、再生可能エネルギーの一種であり、太陽エネルギー利用の一形態です。

 

太陽光発電装置は一般に導入時の初期費用が高額となりますが、メーカー間の競争によって性能向上と低価格化や施工技術の普及も進み、運用と保守の経費は安価であるため、世界的に需要が拡大しています。

 

昼間の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減できるなどの特長があり、低炭素社会の成長産業として期待されています。

 


太陽光発電の特徴

太陽光発電装置は昼間のみ発電するなど、従来の集中型電源とは様々な点で異なる特徴を持っています。また再生可能エネルギーの一種で、エネルギー・環境面でのメリットのほか、経済的なメリットもあります。欠点は商用電源として導入コストが比較的高いことで、価格低減や普及促進の政策を採る国が多いです。

 

一般に、下記のような長所が有ります。

 

【太陽光発電の長所】

 

 

主要な方式では発電装置に可動部分が無く、機械的な故障が起きずに保守もほとんどいらない
規模に関わらず発電効率が一定であるため、小規模発電でも不利とならず、ほとんど自由な規模で新設・増設が行える。
ボイラーを使う従来型の発電で問題となる、廃棄物・温排水・排気・騒音・振動などの発生がない
出力ピークが昼間電力需要ピークと重なり、需要ピーク電力の削減に効果がある
需要地に近接して設置できるため、送電のコストや損失を最小化できる。
分散型電源のため、災害などの有事でも多くが影響を受けずに非常用の電源となりうる
建築物の屋根や壁面にも設置できるため、土地を占有せずに設置することも可能。水力・原子力・火力などの発電方式と比較して設置要件が少ない。
構成材料の大部分がリサイクル可能で、原子力発電のような放射性廃棄物も出ない
発電量あたりの温室効果ガスの排出量が比較的少ない。

 

太陽光発電の素朴な疑問

 

【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電一括見積り!